富士産業株式会社

凍結防止について

fujimaru.png外気温が氷点下になると、給水・給湯配管内の水が凍結することがあります。場合によっては水道管や給湯器の破損事故が起こることもありますので、以下の点にご注意願います。

凍結を防ぐには?

1. 保温材、凍結防止ヒーター等の設置

cover.jpg外気に触れる水道管には通常保温材が巻かれていますが、劣化等で保温材が破れている場合は補修をお願いいたします。また風の当たりやすい場所に壁掛け給湯器を設置している場合、配管カバー(写真)を取り付けることである程度の凍結を防げます。

heater.pngただし吹きさらし、日の当たらない場所では凍結を十分に防げない場合があります。頻繁に凍結するようであれば、凍結防止ヒーターの設置(有料)をおすすめいたします。

2. 給湯器のコンセントを抜かない、ブレーカーを切らない

braker.png給湯器は凍結による破損を防ぐため、冬期になると凍結防止装置が働きます。しかし給湯器のコンセントを抜いたり、家のブレーカーを落とすと装置が働かず、最悪給湯器を破損させてしまいます。絶対に給湯器の電源を落とさないよう、お願いいたします。

もし凍結により給湯器を破損させた場合、修理は有償(保証期間内でも保証外)となります。またマンション・アパート等の集合住宅の場合、水漏れ等で階下に被害をもたらすこともあります。その際もお客様の責任となりますのでご注意願います。

なお引越しや長期不在等でご自宅のブレーカーを切る際は、必ず給湯器の水抜き作業をご依頼願います。当社ガスのお客様の場合、出張・作業費はかかりません。

3. 少量の水を流したままにする

water.png蛇口を開き、少量の水を流したままにすることで凍結を防げます。流す水は箸の太さ(4mm程度)にします。ただし流した分の水道料金はお客様負担となります。また給湯側を流したままにすると給湯器が作動し、さらにガス/電気料金の負担となる場合がありますのでご注意願います。

4. 水抜きをする(外気温-15℃以下)

標高の高い山間部や寒冷地の場合、上記の方法では凍結を防げない場合があります。そのため夜間は止水栓を閉め、宅内の水道管、トイレタンク、給湯器内の水をすべて抜きます。ただし家全体の水抜き作業を行うには、水抜き管やドレンバルブが設置されている必要があります。

凍結して水が出ない時は・・・

当社では解氷作業は行っておりません。また凍結による損害は一切補償できませんのでご了承願います。

1. 外気温が上がって自然解凍するのを待つ

関東圏の平地ならば、遅くとも昼前には自然に解けてきます。再凍結するとしても深夜から早朝になりますので、お急ぎでない場合は自然解凍するのをお待ちください。ただし水栓を開けたまま外出されないようご注意願います。

また水道管や給湯器が破損している場合、解凍時に水漏れを起こす場合があります。その際は止水栓を閉めて修理をご依頼ください。

2. 凍結した水道管にタオルをかぶせ、上からぬるま湯をかける

kettle.pngお急ぎの場合、凍結した水道管にタオルを巻き、50℃程度のお湯をゆっくりかけ回します。急いで解かしたいからといって熱湯をかける、火を近づけることは絶対しないでください。急激な温度差で水道管が破裂します。また濡れたままにしておくと再凍結する場合がありますので、水道管は乾いたタオルで拭くようにしてください。ドライヤー等を使う場合は、周囲の水気等による感電にご注意願います。

水道管・給湯器が破損してしまった時は・・・

meter.jpg破裂した配管の元バルブや水道メーターの止水栓を閉めて水を止め、お早めに修理をご依頼(賃貸物件の場合、管理会社等にご連絡)ください。

なお、お使いの火災保険や賃貸住宅入居者専用保険によっては修繕費用が補償される場合(水道管凍結修理費用保険金特約等)もありますので、ご利用の保険会社に契約内容等をご確認ください。